オススメリンク
企業に合わせて導入することができる 勤怠管理システムをご存知ですか?色んな便利機能が搭載されているので、勤怠管理がラクになります。
勤怠管理のクラウドサービスを利用するならこちらがおすすめです。|エフエム
アーカイブ
カテゴリー
カレンダー
2014年11月
« 6月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
電卓とペン

勤怠管理のテクニック

人事関係に携わる人が気になることが、従業員の勤怠管理です。
勤怠管理は、人事給与に直接結びつくだけでなく、従業員のスケジュール管理にも影響を及ぼします。

人事給与面では、給与の支払いのために、出勤日数や遅刻日数、早退日数をカウントするだけでなく、早出残業代の支給や、深夜残業代の支給、普通残業代の支給の加算といった面、さらには休日出勤をカウントしたり、代休の取得状況など複数の要件が絡まっています。
特に残業代関係は従業員の生活面への影響が大きいだけでなく、健康状況の管理を始め、お金で表せない部分への影響も大きくなってしまう面でもあります。
さらには、労働者の権利でもある有休取得状況や消化状況など勤怠管理と呼ばれるものでも大きなものへの影響があります。
また、スケジュール管理という面でも、人事給与面と重なる面がありますが、他従業員との均衡が取れているか、休日出勤の代休は取れているか、有休消化の日数が極端に少ない人はいないかという面でも幅広い目線でのスケジュール管理の見方が必要になります。
休みの面だけでなく、出張が極端に多い人が居ないかといった従業員の動きをチェックする意味でも勤怠管理は重要であると言えます。
人事給与は、給与として支払う部分への影響を考えて必要な対策を講じなければならないという面がありますが、スケジュール管理という面では従業員の動きなどを考えなければなりません。
双方とも、勤怠管理という面で必要なことなのです。

カレンダーとペン

勤怠管理を有効に使う

勤怠管理とは、企業の社員による出勤、退勤、欠勤などの状況を把握して、勤務時間を順守しているかを管理する事をいいます。
タイムカードなどを使用して社員の出退勤のスケジュール管理をする他に、残業などの把握、年休や代休の消化状況を把握して人事給与計算に反映するのです。
近年では、タイムーカードの代わりに勤怠管理システムを導入して、個人識別をするICカードや指整脈を用いて社員の出退勤を記録し、残業代を含めた人事給与の計算を自動的に管理する企業が増えています。
今までは個々人のタイムカードを逐一チェックしてから手動で人事給与を計算し、さらに社員の出勤状況を把握しなけれはいけませんでした。
勤怠管理システムを使用すると全ての社員の管理を一元化することができるようになるのです。
特に、社員数が多企業やアルバイト・パートタイマー従業員が多い場合にはこのシステムは有効的です。
また、このシステムを使用することによりスケジュール管理も簡単に把握することができます。

スケジュール管理とは、グループウェア機能のひとつで、ネットワークを利用して業務のスケジュールを管理することをいいます。
プロジェクトに関わる人やそれに関わるメンバーのスケジュールを把握して作業の調整が可能になります。
いままで、ホワイトボードに大まかに書き込んでいたスケジュールを細かく全体に知らせることができるため会議などの組立が円滑に行うことができます。
このように、勤怠管理にスケジュール管理を組み込んだシステムは、各々のスケジュール管理をスマートに、そして人事給与計算が素早く行うことが出来て賢い経費節減に繋がっていくのです。